TreeSizeビジュアルツアー

受賞歴を誇る私たちのソリューションについてご紹介いたします

動画でわかるTreeSize(英語)

メインプログラム

メインウィンドウ

TreeSizeはシンプルで使いやすいインターフェースを備えております。左側のディレクトリツリーと右側の詳細ビューで構成されたメインウィンドウにて、視覚的な分析が簡単に行えます。またスキャン中であってもスキャン結果をリアルタイムで表示可能です。そしてもちろん、Unicodeのファイル名ディレクトリ名も正しく表示可能です。

ダークモード

TreeSizeにはダークモード(ダークテーマのユーザーインターフェース)があります。Windows設定との同期や、個別での設定も可能です。

詳細ビュー

詳細ビューでは、各種ファイル/フォルダの容量やファイルシステムによって消費された無駄なスペース、最終アクセス日時、圧縮率、ユーザーなどの重要な情報を確認することができます。詳細ビューでは任意の項目での並べ替えも容易ですし、コンテキストメニューにて表示項目の追加/非表示を簡単に設定することができます。

階層マップビュー(2D/3D)

階層マップビューでは、ディレクトリツリーのサイズを階層的に「見える化」することができます。選択ディレクトリの配下サブフォルダだけでなく、選択したディレクトリツリーの各レベルのサブフォルダのサイズも視覚化することが可能です。表示モードは2Dまたは3Dが選択可能です(:2D)

グラフビュー(棒グラフ)

棒グラフによるグラフビューでは、ディスク使用状況の概要をすばやく把握することができます。グラフは印刷やクリップボードへのコピーなども可能で、デザインもツールバーにて簡単に調整することができます。

グラフビュー(円グラフ)

円グラフによるグラフビューでは、選択ディレクトリの各サブフォルダの相対的な比率を視覚的に確認することができます。

拡張子ビュー

拡張子ビューでは、ディスク使用状況をファイル拡張子ごとに分析することができます。このフィルターを使用することにより、容量圧迫の犯人を簡単に見つけ出せます。

ユーザービュー

ユーザービューでは、各ユーザーごとのディスク使用状況などの統計を、ディレクトリごとに作成することもできます。これにより、ハードディスクを最も多く使用しているユーザーが一目でわかります。

ファイル未更新期間での分析

TreeSizeを使用すると、ファイル未更新期間での分析なども可能です。作成日や更新日などを自由に設定し更新状況を可視化することができます。

上位ファイルビュー

上位ファイルビューは、スキャン結果から巨大ファイルを100個表示する機能です。これにより、ディスク容量を圧迫しているファイルを簡単に確認することができます。

各種設定

TreeSize豊富な設定項目を備えております。オプションダイアログにて、ビュー設定やエクスポート設定などが簡単かつ詳細に設定可能です。

レポートの比較

TreeSizeを使用すると、収集した情報をXMLファイルとして保存したり、ある時点でのストレージ消費に関するスナップショットを作成したりできます。システムのストレージ使用状況監視のため、さまざまな時点での結果を比較し分析することが可能です。

スキャンのスケジューリング

Professionalエディションの「タスクスケジューラ」で、TreeSizeスキャンのWindowsタスクスケジューラへの追加や、既存のタスクの編集が可能です。

注意 : 当機能はProfessionalエディションのみ使用可